セガレ・セガールにご興味ある人は、「説明会」にご参加ください。毎月第1、第3火曜日と土日たまにやってます。(日時は申込フォーム参照。変更の場合もあります)
「説明会」申込はこちら
予約する

powerd by セガレ

ブログ

ブログのコーナー

セガレインタビュー第2弾!実家に戻って奮闘中/吉田 佳右さん2018/04/03/TUE

今回は、八王子で4店舗を運営する複合施設のセガレで、最近実家に戻ったばかりの吉田 佳右さん(27歳)にお話を伺いました!

29020188_1625921584164399_473657056_n

ウォーターヒルガーデンという、4店舗を運営する複合施設のセガレとして

昔は自社ブランドの錦鯉もあり、生産・販売をしていましたが、今は仕入れて販売をしています。吉田観賞魚(http://yoshida-fish-farms.com/)です。

8割以上のお客様が海外です。昨日もシンガポール人の方が来たりとか。空輸しています。48時間持つんです。事故があったら錦鯉は死ぬ可能性もありますが、世界の億万長者は錦鯉にたどり着く。富の象徴になっていますね。

海外でも養殖が始まっていて、ドイツ鯉という品種がありますが、鱗がない鯉なんです。本物を求める人は日本産を購入しますね。

インターネットの普及していない時代に、海外の方が新潟へ錦鯉を求めて訪れたことをきっかけに、東京の吉田さんのところに行ってくれ、と紹介され、そこから販売が始まりました。

1921年に曾祖父が創業し、今は叔父が3代目。2021年に100周年を迎えます。今やっているマルシェやレストランは叔父から始まりました。4代目は誰が継ぐのかまだ分かりませんね。
29019876_1625921570831067_2019981755_n

部門間をつなげる役割としてスタート

つい先日、社長から任命されたのですが、「ギャザリング担当」になりました。錦鯉、園芸、野菜のマルシェ、レストランと4つの部門があるのですが、部門間をつなげる役割です。

2017年の10月に戻り、各部門はそれぞれに頑張ってくれています。ですが、部門ごとに敵対視していたりと勿体ないことが目に留まりました。そのことを伝えているうちに、それを仕事にしろ、と言われました。

任命されるまでは、マルシェとレストランを担当していました。ここは、素人が7年前に立ち上げただけのもので、ルールがないのが長所でもあり、短所でもありました。サラリーマン時代に培ったシステムチックな部分を導入し、かつ、起爆剤として何かやってみてくれないかと言われて着任しました。

僕が行く部署は、持ち直しが必要なところが多く、やばいところなんだ、と社内では認識されています。少し嫌われ役のようなところがありますが、人が辞めていかないようにうまくバランスを取ります。社内円滑化のために、バーベキューをしたり、体育館を借りてバスケをしたりしています。

29345366_1625921530831071_717545698_n

うちの会社、は、実家の会社のことだった

実家のことを意識し始めたのは、小学校高学年くらいのときから。地元で商売をしている以上、周りからそうみられていました。継がなきゃいけないかな、と子どもながらに思っていましたが、親から、継がなくてもいいと言われ、少しショックを受けましたね(笑)

実家が商売をしているというせいで、小さいころに嫌な思いもしてきたので、最初は絶対戻りたくなかった。戻りたくないというか、自分が知られていない世界で勝負をしたかったんです。

実家に戻ろうと強く感じたのは、サラリーマン時代。サラリーマンとして勤めながら、80%くらいしかパフォーマンスができていないことに気付きました。20%は違うことを考えていたんです。「うちの会社」といえば、自分にとっては実家の会社のことで、当時勤めていた会社ではありませんでした。

実家には、自分でお願いして戻らせてもらいました。実は、2回断られています。最初は、入社2年目になったとき、「つらいから戻らせてほしい」と言い、断れました。そこから1年後にお願いしたら、「後輩の育て方を学んでから戻って来い」と。そこから3年連続で後輩を育てて実績を積み、ようやく戻ることになりました。

「腹を決めて戻ってこい」

両親とは戻ることについてしっかり話したことはありません。どちらかというと、彼らは我関せず。伯父の会社なので両親に権限がなかったのもありますね。父親からは戻ってきてほしいという気持ちをひしひしと感じてましたけど、母親は戻ってきてほしくない感じでした。自営業がいかに大変できついかを肌で感じた人ですから、自分の子どもに感じさせたくなかったのではないかと思います。

戻ることを決心して母親と話したときに、外で働いていた方が給料も福利厚生があっていいでしょう、と言われましたが、そのときは母にきついことを言ってしまいました。悪いことを言ってしまいましたが、その衝突があったからこそ、最後には「腹を決めて戻ってこい」と言ってくれましたね。

大人たちのコミュニティの場として

私たちの店はたまたまレストランがあって、野菜があって、ガーデニングの商品があるだけなので、空間を味わってほしいと思っています。大人たちのコミュニティの場として使ってもらいたいですね。

アメリカのポートランドを目指して作っているんですが、ちゃんとしたルールや決まり事もないから、一度ギャザリング担当として整理をして、世の中に大きな声で発信したいと思います。

29344884_1625921577497733_479434386_n

箱から出て外の商売をしないといけない

今後はコンサルタント事業もやりたいと思っています。今、埼玉のコクーンというところに、一部店舗を作って、販売レクチャーをしたり商品も仕入れてもらったり、ということをしています。自分の直営ではないけれど、テイストが同じ。管理する店舗を増やすのではなく、ローリスクで展開できる状態を作りたいです。

店に訪れる方からは「空間すべてがいい!」と声を頂きます。実は様々な大企業の方も偵察に来てくださってるんです(笑)まずは自分のところを整えたら、足を運んでコミュニケーションを取り、少しずつ広げていきたいです。

また、八王子の園芸部門、グリーンギャラリーガーデンズはこだわり抜いた商品、サービス、知識があり、業界の方々に評価して頂いています。今後は一般のお客様にももっと良さを知ってもらえるように、認知を広めていきたいです。

箱の商売には限界があるから、箱から出て外の商売をしないといけない、と伝えたことで社員の潜在意識が開花したんです。今は、バラのメンテナンスに力を入れています。園芸業界、植木業界にバラのメンテナンスに特化している企業が少なく、ここを更に強化して行く事が決定しており、実行しています!どうやったら来年きれいに咲くか、どんな肥料がいいか、30年かけて研究しているので、すごく強いですよ。

全国的にも有名な国際バラのガーデンショーがあるのですが、いつも主催者側と一緒に仕事しているくらい知識、技術があるんです。

29138196_1625921484164409_1018609885_n

脳裏に浮かぶなら「継げ」!

ずっともやもやして今の仕事をしているなら、辞めるのも勇気、戻るのも勇気。この2回の壁を一気に経験したものしか味わえない達成感や開放感があります。覚悟が決まります。もう逃げられません。

人それぞれかもしれませんが、僕は、自分がこうしたいこと、手伝ってほしいという気持ちに素直になれたので、人に頭を下げることができました。

実家に戻るなら早い方がいいと思います。固定概念がない、頭が柔らかいうちに戻った方がいい。

多くは、長く経営されているところに戻るので、大切にするべきものはする、変えるべきものは変える姿勢が大事ですね。風評でも、目に見えるものでも評価されるようになって戻ること。賞をもらって、目に見える結果を残したことで、会社の周りの人からお前は大丈夫だよ、と言われたことが自信にもなりましたね。

29134275_1625921540831070_139893280_n

29550158_1625921504164407_1767206691_n

おかげさまで、八王子お店大賞を受賞し、八王子No.1の店になりました!

ぜひ皆さん、一度ウォーターヒルガーデンに来てください!

〒192-0362 八王子市松木15-6

http://www.gg-gardens.com/

 

お問い合わせはこちらから
セガレプロジェクツ
ページトップ