セガレ・セガールにご興味ある人は、「説明会」にご参加ください。毎月第1、第3火曜日と土日たまにやってます。(日時は申込フォーム参照。変更の場合もあります)
「説明会」申込はこちら
予約する

powerd by セガレ

セガレ1000人談義

酒屋の倅×だるま屋の倅×八百屋の倅【感想編】2013/05/23/THU

先週公開した第一回セガレ・セガール1000人談議。
今週はその第一弾の感想編をお届けします。

談義した3人のセガレは何を思うのか?

本編はこちら





藤田健太郎
自分の実家の家業について語る機会というのは今まであまりなかったので、将来のことについて改めて深く考えるいい機会になりました。また、地元は違えど東京に来ている「セガレ」の人たちと話せて、とてもいい刺激になりました。一番印象的だったのは、八百屋さんの「セガレ」である近藤さんが仰った、「元々継ぐ気は無かったが、親父の体調不良のため家業を手伝ったのが家業を継ぐきっかけになった」という言葉でした。僕の両親は幸い今まで大きな病気やケガも無く元気に生活しているのですが、どこかいつまでも元気でいるだろうという安心感がありました。しかし近藤さんの言葉でハッとさせられました。もし両親に何かあったら、僕の将来に対する考え方も変わるかもしれませんね。



渡邊 高章
 次の世代を本気で担っていこうとする地方出身のせがれが集まりツイッターというSNSの場をかりて語ることができました。これはいままで地方の人の懸念材料であった「スピードの遅さ」を解消し、日本全国、世界各国にいてもつながることができることの証明にもなりました。
また、地方の活性化につながるであろう第一歩を踏めたことを地方出身者としてとても光栄に思い、この踏んだ一歩は後の人たちの一歩につながると信じ、将来がとても楽しみです。今回はこのような機会を開いていただきありがとうございました。これからも福島県民として地方活性化に努めていきたいと思います。



近藤貴馬
今日は若さあふれる学生との談ギで、
昔の自分を思い出しました。
僕も学生の時は、父親の仕事を意識こそすれ、
継ごうとは思っていなかったし、
でも父親よりも立派な人間になりたいとは
はっきり思っていました。
特に僕は反面教師で育ってきたと自覚しているので、
その思いは強かったです。
でも、時が経って今は、父親よりも立派にとかそういう意識はなく、
地元で実家を大事にしたいという思いのほうが
はっきり強くなっています。
自分も親も、年を重ねることによる心境の変化というのは、誰しもが経験することだし、
その変化が物語になって、それが地元を元気にするきっかけにもなると思うので、
これからもたくさんのセガレ・セガールと談ギしたいです。

酒屋の倅×だるま屋の倅×八百屋の倅【本編】2013/05/12/SUN

記念すべき第一回目のセガレ談ギは、

  • 酒屋のセガレ、藤田さん
  • だるまやのセガレ、渡邊さん
  • 八百屋のセガレ、近藤さん
のお三方がチャットトーキング!!


【感想編はこちら】


お問い合わせはこちらから

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブ

セガレプロジェクツ
ページトップ